未分類

フラワーアレンジメントの講師になるには

フラワーアレンジメントを楽しんでいるうちに、自分もフラワーアレンジメントを教える講師になりたいと思う人も多いでしょう。大好きなお花に携われて、自分のペースで働きたい人にはぜひおすすめです。ここでは、どのようにすればフラワーアレンジメントの講師になるのか、その方法をご紹介します。

講師になるジャンルを決めよう

フラワーアレンジメントは生花だけではなく、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワー、ドライフラワーなど、数多くのジャンルが存在します。自分の好きなお花のジャンルを明確にし、まずは1つのジャンルで講師を目指してみましょう。「どれか1つなんて選べない」という方でも、例えば生花の講師になったら、次はプリザーブドフラワーというように、1つのジャンルで講師の資格を取得してからでも他のジャンルの資格を取得することもできます。フラワーアレンジメントの講師は、教える側になっても常にスキルアップを目指す人が多いのです。

スクールに入会しノウハウを学ぶ

フラワーアレンジメントスクールに入会し、スキルを磨くことから始めます。フラワーアレンジメント教室は個人で主催しているものから、法人が運営しているものまで業態は様々です。また、初心者が一から学べるスクール、ブライダルフラワーに特化したスクールなど、スクールによって得意分野があります。いくつかのスクールで体験してみて、自分に合うところを探してみると良いでしょう。

スクールに入会するのは、お花のスキルを磨くためであることはもちろん、実際に教えている講師を手本にして、教える技術を学べるというメリットもあります。スクールを卒業後、先生が運営するスクールと提携することで教室運営のノウハウを学べます。例えばフラワーアレンジメントの教え方、生徒さんへの対応、集客の方法など、教室運営に関して幅広くサポートしているスクールもあります。教室開講にあたって何から始めたらいいのかわからない場合でも、こうしたサポートがあるととても心強いものです。教室選びの際、コースの受講内容のほかにも、卒業後にどのようなサポートを受けられるかをしっかりチェックしておきましょう。

資格を取得する

フラワーアレンジメント関連で有名な試験として、NFD(日本フラワーデザイン協会)が主催する「フラワーデザイナー資格検定試験」があります。合格すればフラワーアレンジメントに関する一定のスキルがあることの証明になります。ですが、この資格がなければ講師になれないというわけではありません。フラワーアレンジメントの講師は、看護師や弁護士のような公的な資格がなくても、講師としてお花を教えることはできるので、受験はあくまで任意です。NFDの資格取得を希望される場合は、NFDの認定校で専門のカリキュラムを学ぶ必要があります。

NFDの資格でなくても、フラワーアレンジメント教室オリジナルのカリキュラムを受講し、ディプロマ(修了証)の取得を経て、講師としてデビューする人もいます。教室内だけで通用する資格ではあるものの、講師として必要なスキルを学んだことがわかりますし、自分はお花を教えられるんだという自信につながります。

お花の先生の働き方いろいろ

フラワーアレンジメントの講師は、20代から60代の方までと、幅広い世代の方が講師として仕事しています。仕事がない土日に副業として講師をする人もいれば、子育ての合間に自宅でサロンを開講する人もいます。働き方を選べるところもフラワーアレンジメント講師の人気の秘密といえます。経験とスキルが身についたら、生涯にわたって続けられる仕事ですのでぜひフラワーアレンジメントの講師を目指してみてくださいね。