母の日に贈る商品です。
日ごろの感謝の気持ちを込めて 大切なお母さんへ・・・。
カードにご希望のメッセージを添えて お届けいたします。

【ご注意】
母の日の当日は 運送会社の方も 大混雑が予想されますので、
最悪の場合 当日に間に合わない恐れもございます。
そのようなことを避けるため、5/10~5/12必着にて ご予約を承っております。
どうぞ ご了承お願いいたします。
*

※画像をクリックしていただくと、拡大した画像をご覧いただけます。

お花の内容・色合いなどは、画像のものと若干異なる場合がございます。

 

ワイン付きフラワーアレンジメント
¥3500~ 120ml入りグラスワインを
¥5000~ フルボトル(赤or白)を
プレゼント致します。【ご来店の方に限らせて頂きます。】
\5,000-(消費税込み)
かわいいプードル付きフラワーケーキ
母の日のフラワーケーキ 直径約20cm
\3.500-(送料・消費税込み)
スプレーカーネーションの花束
スプレーカーネーションの花束 高さ約60cm
\3.500-(送料・消費税込み)
オーソドックスな大輪カーネーションの花束
スタンダードカーネーションの花束 高さ約60cm
\3,000-(送料・消費税込み)

母の日に何を贈ればいいかと聞かれたら、最終的な答えにはならなくても、フラワーカスミの花束を思い浮かべるのではないでしょうか。問題は、なぜ私たちは母親への贈り物の選択肢の中に花を考えているのかということです。私たちのお母さんが欲しいと思っているものはたくさんあります。中には、花が好きではないという親もいますが、それでも私たちの頭の後ろにはまだ残っています。

簡単に言うと、それは私たちが文化の影響を受けているからです。西洋人の訪問者が私たちと文化を共有したとき、私たちは彼らから採用したものの中にカレンダーとそれにマークされた祝日があります。これには、バレンタインデー、クリスマス、母の日、父の日などが含まれます。ここで新たな疑問が湧いてきました。その答えは象徴主義に基づいています。

母性と花いくつかの象徴

歴史の中で、それぞれの文化は「母性」についての独自の考えを発展させてきましたが、結論はほぼ同じです。母親は主に子供を産み、家庭の世話をする能力で知られています。象徴的な用語では、彼らは「ライフギバー」と「家政婦」であることが知られています。また、「養育者」や「支援者」としても知られています。これらはすべて、植物や地球そのものにも象徴されています。

地球が「母なる大地」「母なる自然」と呼ばれているのは、地球がすべてのものに生命を与えていることで知られているからです。自然は動物や人間に植物や水を与え、母親が子供たちに与えるのと同じようにしています。

母親に求められるもう一つの側面は、子供や夫の目に美しく純粋であることです。このように、地球上に存在するすべての植物の中から、母親を最もよく表している花が選ばれているのです。花かすみの花束は、母親への贈り物として最も理想的なものです。母親は一家に何か一つ以上のものを提供しているので、一種類以上の花を贈るのがちょうどいいのです。

また、お祝いの日取りも象徴的にぴったりです。5月の第2日曜日は、春の美しい花が豊富に芽吹く絶好の季節です。

休日の歴史的ルーツ

母の日は、実はかなり最近の概念です。このアイデアは1908年にアンナ・ジャービスというアメリカ人によって提案されました。彼女はウェストバージニア州グラフトンの教会の協力を得て、亡くなった母親を称えて正式な祝賀会を開催したいと要請しました。判明したことは、多くの人が最愛の母親を祝福したいと思っていることでした。両親への感謝の気持ちを示すイベントに、町の誰もが参加を熱望していた。

当時の大統領であるウッドロウ・ウィルソン大統領は、このような行事のニュースをキャッチし、アメリカ市民に好影響を与えました。1914年、彼は母の日を国民の祝日として宣言しました。

Theme: Overlay by Kaira Flower&Green KASUMI