で完璧なクリスマスツリーを選ぶこのホリデーシーズンに花かすみから完璧なクリスマスツリーを選んでください!さまざまな形、サイズ、色、さらにはテクスチャーから選択できます!クリスマスボールからライトやティンセルまで、デコレーションも豊富に取り揃えています! 

クリスマスツリーの選択

どのような種類の木が欲しいかわからない場合は、フラワーかすみに手伝ってもらいましょう。考慮しなければならないことはほんのわずかであり、それらはサイズ、木の種類、そして休日が終わったときに木を保管する手段です。このため、特に葉のある本物の幹を運ぶことが非現実的で不快な都市では、本物の木を使用することは賢明ではないと考えられています。次の考えを考慮してください

  1. スペース 。ツリーを配置する。 あなたがアパートに住んでいるなら、そもそもクリスマスツリーの余地がない可能性があります。幸いなことに、小さなバージョンがあります。壁にくっつくことができるように半分だけである木もあります。斜めの角に配置できるように、クォーターカットの木もあります。 
  2. 後でツリーを保存する方法。 片付けは休日の最も退屈な部分かもしれませんが、それはまた悪い決定でひどい時間かもしれません。ほとんどの人工的なクリスマスツリーは、セグメントに分割してから傘のように折りたたむことができます。これらの種類は、来年まで保管用の箱に保管することができます。しかし、そもそも物置のような贅沢を持っていない人もいるかもしれません。使い捨ての種類を入手したほうがよいでしょう。
  3. 木の耐久性を考慮してください。 あなたが使い捨てでないクリスマスツリーを手に入れることを主張するならば、あなたはそれがどれほど頑丈であるかを考えるべきです。もちろん、すべての木は何年も続くことを意図しています。耐久性を知ることは、あなたが木をどれだけ長く保つかを選ぶことではありません。どちらが安いかを確認し、それに注意する必要があるかどうかを検討することです。
  4. 遠くから見たときの木の質感を考慮してください。 トウヒとマツやアスペンモミを区別する主なポイントは、さまざまな人々にアピールすることです。これらの木はすべてクリスマスツリーとして使用されますが、外観には大きな違いがあります。アスペンファーには、ライトや置物で飾るのが簡単な広範囲の枝がありますが、トウヒは派手なティンセルで見栄えがします。 
  5. 木の間の異なる仕掛けを検討してください。 ほとんどの人工的なクリスマスツリーは、幹、葉、土台だけでむき出しになっています。これは、ツリーを特別なものにしているのは、それを装飾するプロセスであるためです。しかし、一部の家族は休暇のその部分を評価しないので、仕掛けのある木が提供されます。 LEDが事前に点灯しているものもあれば、色とりどりの葉が付いているものもあります。点灯前のものには、各枝の端に大きな星が構築されている、または各葉の先端に小さな発光ストランドがあるなどのバリエーションもあります。 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Theme: Overlay by Kaira Flower&Green KASUMI